国際交流の最前線で「世界」を感じる仕事
日本語教師として活動する 

日本語教育の 専門家集団

日本語の教師経験20年以上、JICA派遣、国際交流基金派遣等、国内・海外勤務経験豊かな現役日本語教師達がみなさんを直接指導します。教室活動だけでなく、進路相談も可能です。また、事務スタッフも全員、外国人受入れに関するプロです。

中四国最大規模の 日本語学校附属 養成講座
当養成講座の運営母体は、日本語学校(法務省告示基準校)です。現在、 16か国から 300名以上の留学生が在籍しています。日本語学校附属の養成講座だからこそできる実践に添った指導です。
 
実践力のある 教師を養成
文化庁の新基準に沿った 420時間の資格の取れる講座です。また、現場の意見に基づいた「徹底的な実践指導」を行っています。岡山外語学院は資格だけを売る学校ではありません。教壇に立てるようになってこそ“教師”です。

本当に日本語教師になりたいなら
岡山外語学院です!

自分の目で直接見て感じる
体験重視型の養成講座です

420時間総合コース

 
420時間総合コースは、文化庁指針の420時間を履修するコースです。このコースは、理論(座学)と模擬実習・演習・教育実習(実技)から構成されています。また、選択科目や講師研修会の参加もできるので、日本語を学ぶ学習者の現状や日本語教師同志のネットワーク作りにも役立ち、講座修了後すぐに日本語教師として活動できます。
 
①   「知識×実技」の繰り返しで、理論と実践を強く結びつけます。
②   留学生クラス授業見学、また教案を書くための個別指導が充実しています。
当講座では420時間修了までに5つの教案を完成させ、計11回の実習を行います。
③   「読む」「書く」「話す」「聞く」「表記(ひらがな・カタカナ・漢字)」の技能別指導の方法や教材作成も組み込まれています。
より学習者のニーズに合わせた授業を行うことができるようになること目標に、幅広い技術を身に付けます。 

模擬実習

教室活動で行う内容を確認しながら教案を書き、教材・教具の準備をします。また、実際の日本語授業を見学し、担当教師からカウンセリング形式の個別指導(教案補講)を受けて、自分の実習の準備をします。他の人の実習を見たり、フィードバックを行ったりしながらより良い教室活動を目指します。実習により、座学では得られない実践力が身に付きます。それは就職への大きなステップとなります。

教育実習

420時間総合コースの仕上げとして、教育実習を行います。1クラス10~20名の留学生クラスで、自分が担当するクラスの見学を行い、担当教師から個別指導を受けた後、模擬実習を経て、50分間の授業を行います。外国人学生からの本物の反応に手応えを感じる瞬間です。
(教育実習のみの部分受講は受け付けておりません)

検定試験対策講座

 
毎年10月に行われている日本語教育能力検定試験に標準を合わせた対策の講座です。
文法、記述、音声、聴解、教授法を集中して行います。
日程:8月~9月(全8科目)、土曜日×4日(9:30~16:30)
 
独学、通信教育、現役日本語教師の方等で検定合格を目指している方対象
部分受講が可能です。

 ブラッシュアップ講座

現役日本語教師やボランティア活動者を対象に、ブラッシュアップ研修会を開催しています。岡山県内だけでなく、西日本各地から日本語教師が集まり研修・親睦会を開催しています。

受講生サポート

過去3年就職実績100%

留学生クラスをはじめ、様々なの学習者向けの日本語コースを開講している岡山外語学院で日本語教師として教壇に立っていただいたり、 国内・海外問わず、希望の赴任地(県外含む)の日本語学校のご紹介をしています。例えば岡山で資格を取得後、東京の日本語学校で働くとか、ベトナムの日本語学校に勤めるとか、方法はいろいろあります。

2000冊を超える専門書

日本語教師養成講座関連の教師用参考図書・聴解用 CD や絵パネルをはじめとした視聴覚教材などをいつでも閲覧することが可能です。

海外就職・実習支援

国内外100か所以上の教育支援施設との連携し、日本語教育を行っています!希望すれば海外にある岡山外語学院の提携校で教壇に立つことも可能です。渡航日数や時期、授業準備や渡航先での言語の習得などのお手伝いも行っています。

授業時間以外もサポート

 小さな悩みにも対応!ファックスやEメールなどで授業内容や就職に関する質問・相談にも随時個別対応しています。

日本語学校附属の日本語教師養成講座


外国人学習者の置かれた状況を見るためにも、養成講座受講中に日本語学校の様子を垣間見る機会は重要です。日本語弁論大会や外国人との交流授業、また日本語教師同士のネットワーク作りの機会となる研修会を実施しています。岡山外語学院では、養成講座受講中から外国人との交流や日本語教師同士のネットワーク作りを応援しています。

多国籍の学生が在籍

留学生との交流授業


非漢字圏の学生たちが書道にチャレンジ!


 

在留外国人や 日本語学習者数過去最高となっている今、日本語教師の需要は全国的にとても大きいです。岡山県でもここ数年、 日本語教師不足が続いています。資格取得後の活躍の場は、日本語学校をはじめ、大学、専門学校等からボランティアまで様々です。この機会に是非日本語教師になるための勉強を始めて、日本語教師としてご登録ください。

過去3年間の就職率は100%です。岡山外語学院の留学生クラスや学外派遣クラス、プライベート(個別)授業を担当する講師として活躍できます。
また、青年協力隊に参加し海外で教えたり、 各種団体が募集している海外プロジェクトに参加することも可能です。岡山県内だけでなく、全国的に日本語教師が不足している現状から求人は常にあります。
ボランティアグループに参加し、地域在住の外国人に日本語を教える活動を行うこともできます。地域の公民館や国際交流センターでは、多くの外国人が日本語を勉強しています。地域には、小さい子どもさんもいれば、勤労者、主婦の方など様々な学習者がいます。岡山外語学院では、ボランティアグループに参加している講師や受講者も多く、随時情報提供しております。
短期(1~2日)から長期のボランティア教師の活動を応援しています。ボランティアで海外で教えることは、旅行などとは全く違う素晴らしい経験になります。現地で日本語を勉強している学習者にとっても「生きた日本語」に出会う機会となるので、是非「日本」を届けに出かけてみてください。岡山外語学院の海外提携校をご紹介します。渡航先との連絡や、学習者にあった準備と指導が可能です。遠慮なくご相談ください。